近影

 


以下の3種の書類の作成及びその相談業務を行います。

官公署に提出する書類 
主に許可や認可を国や県,役所などから受けるための書類です。
例えば 新しく会社を設立したり,開発行為などの許可を受けたり,相続に関する届け等です。

事実関係に関する書類 
主なものとして,位置図や測量図などの実地調査に基づく各種図面類の作成や 議事録,会計帳簿,自動車登録関係などがあります。

権利義務に関する書類 
例えば,企業や法人ですと法的効果のある契約書の作成などを言います。
個人様の案件ですと,遺産分割協議書や各種契約書(贈与,売買,賃貸借,委任など),念書,示談書,内容証明,定款など


実は生活していく中で,様々な事柄が法律行為と関連があります。
行政書士が扱える業務は多岐にわたり,一万種類以上あると言われています。
日常生活の中で「あれ?これってどうしたらいいの?」というような疑問を感じることがあったら,まずは行政書士にご相談ください。



<他士業との連携について>

お客様からご依頼のあった業務の中には,行政書士資格では取り扱えない事務が含まれていることもあります。
そのような場合には,お客様が何カ所も手続きに回ることのない様,その事務を取り扱える資格のある弁護士や司法書士,税理士などの専門職と協力し,当事務所にて完結まで責任を持って執り行わせていただきます。

他士業の業務の一例
 弁護士 ・・・裁判,訴訟事件等の交渉,法律相談など。
 司法書士・・・登記,供託,裁判業務,成年後見業務など。
 税理士 ・・・ 企業などの会計処理,申告業務,税務相談など。



行政書士には厳格な守秘義務が課されておりますので,お客様の相談内容などが外部に漏れることはありません。
どうぞ安心してご相談ください。
個人情報の利用目的について
当事務所は、お客様から収集した個人情報を次の目的で利用いたします。
・お客様への連絡のため
・お客様からのお問い合せに対する回答のため
・お客様へのサービス提供のため
個人情報の第三者への提供について
当事務所では、お客様より取得した個人情報を第三者に開示または提供することはありません。ただし、次の場合は除きます。
・ご本人の同意がある場合
・警察からの要請など、官公署からの要請の場合
・法律の適用を受ける場合
個人情報の開示、訂正等について
当事務所は、お客様ご本人からの自己情報の開示、訂正、削除等のお求めがあった場合は、確実に応じます。

個人情報保護に関するお問い合わせ先
TEL. 0476-95-8166 FAX.0476-95-8166
e-mail. officeーshiozaki@gyousei.name
行政書士成田myst総合法務事務所
  行政書士 塩﨑美香
近影